商工ローンの金利は一般的に約8%~18%程度です

運転資金を銀行で借り入れする場合は金利の平均値は年約3%~4%です

この数字から見てみても誰もがビジネスローンの事業者融資ではなく銀行で借入を受けたいと思うのが、ここでは当たり前です。 しかし、審査や貸し渋りなどでそう上手くいかない会社も多いのが、よくある事実です。 銀行の審査は、やはり現在の日本の経済状態も踏まえて厳しい状態であることは、今も変わりはありません。 ですから、現状としてこのような金融業者に頼らなくてはいけない会社の経営はチョイスが難しいところにあるケースだとここでは言えます。 事業者金融の金利が高くても、利用するメリットは振込までのスピードと言えます。 銀行と比較して、2、3日長くても一週間程度で振込が行われるので便利です。 しかし、これは最近では無担保、保証人なしで融資をしてくれる商工ローンもかなり増加してきています。 これが代表者を連帯保証人とすることで借り入れができる仕組みになっています。 これが近年では名称を変えて呼ばれ(昔の暴力的な取り立てのイメージを失くすため)ています。 これは以前よりは敷居が比較的低いものになっています。 つまり、一時的な運転資金として利用される会社がかなり多いのです。 結果的には実際にこれは、やはり金利が高いために長期的な借り入れは向いていないとデータからも言えます。 どうしても利用しなくてはいけない場合でもプラスとなることはないような短期的なつなぎ融資と考えたほうが結果的にはいいでしょう。

メリットは審査から融資までの時間がスピーディー

中には即日融資が可能な商工ローンも
利用しなくてはならない状況に陥ってしまっている会社のほとんどの目的は、やはり一時的な資金繰りです。 ですから、銀行などで借入を断られてしまったり支払いや返済日に必要額が準備できていない時など冷静な精神状態でない事がほとんどです。 数字的には高い金利での融資にメリットはその場凌ぎの返済ができること以外にはメリットがない事を予め把握しておきましょう。 万が一、そのような状態になったとしても長期的な利用は避けましょう。 そして短期的なものにしなくてはいけません。 やはり、金利の借金を返済していくことは非常に難しいのです。 また、商工ローンの連帯保証人になることは例え家族や親戚、兄弟などでもこれは避けるようにしましょう。 このような状態になってしまっている事ははっきり言って非常事態と言えます。 これ以上の借金を増やさないためにもできれば避けたいパターンといえるのではないでしょうか。

金利で負のスパイラル!商工ローン→街金→闇金の流れ

最終的には盥回しで全てを搾り取られてしまう可能性

現在では様々な法律が改正されて上記のような流れは減少してきているとされてはいますが、今の所は現実問題として無くなってはいません。 その場凌ぎの返済ができているうちはまだマシな方です。 最終的には連帯保証人も含め取れるところ全てからお金になるものは、ここでは、あるだけ全て持っていかれると考えていいでしょう。 やはり無謀な金利で借入を受けることのリスクは個人でも法人でも非常に高く、できれば避けたい所です。 このような金融業者を利用する方のほとんどの目的は事業資金であるはずですが、中には資金使途自由でも融資をしてくれるパターンの商工ローンもあります。 冷静になって考えてみればわかることですが、経営が不安定な会社でも貸してくれるのは、このように回収できる自信があるからです。 ただ、商工ローンを使用することが終わりの始まりではありません。 金利を考えても短期間での利用や計画的に返済プランを考えてのものであれば、有効的なものにできるのかもしれません。


このページの先頭へ