SFCGは悪い商工ローンのイメージの代名詞と言えます

SFCGは事業者金融の良くない印象の根源とも言えます

経営が悪化し資金繰りが難しくなっている銀行から融資を断られてしまったりします。 突然ストップされてしまった中小企業にあり得ない高金利で貸付を行い、これは連帯保証人からすべてを取り立てるというビジネススタイルで急成長した会社がSFCGです。 これがメディアによる映画やドラマなどで知人の法人の連帯保証人になってしまったばっかりにです。 怖い暴力的な取り立てに怯えながら暮らし、最終的に自殺してしまうというよくあるストーリーを現実そのまま行っていた非常に過去にも有名なブラック企業です。 特に「目玉や内臓を売れ」と取り立ての際に脅したという事は非常に悪い意味でも有名になりました。 委任状の複写や私製手形での訴訟問題など当時の法律の隙間を縫って悪事を行っています。 比較すると一般的には、やはり結果こういった取り立てを行うスタイルは商工ローンという言葉が連想させる悪いことを全て行ってきたといえるでしょう。 つまり、サブプライムローン問題やリーマンショック問題以外にも貸金業法の改正などもありSFCGは2009年2月に経営破たんします。 そして最終的に400億円の資産隠しや債券二重譲渡発覚し、それが理由で逮捕された大島健伸社長は国会にも参考人招致されました。

SFCG(旧商工ファンド)の商工ローンは社会問題となりました

社員が厳しいノルマ達成のために不正を行うことも

SFCGはブラック会社としても非常に有名で社員が良い営業成績をとるために、配偶者に融資を行ったり、または水増しの借り入れ報告をしたりなどもありました。 離職率ナンバーワン企業、残業は当たり前でノルマ未達成の社員には人頭税として給料からその分を天引きを行うなどもしています。 経営が悪化し資金繰りが難しくなった法人に一日200件以上のテレアポで電話をかけます。 連帯保証人を付けて高金利でお金を貸し付け、中には自己破産や自殺にまで追い込まれる方が多くいました。 実際に社長の大島健伸の考え方として貧乏人から設ける方が(お金を取った方が)効率が良く楽というものがありました。 その考え方に基づいてなのかどうかはわかりませんが、判断力が鈍っているところを可能であれば見つけてそこから搾り取れるものを全てとるようなスタイルで利益を上げていたのは事実です。 利益のためにどんなことでもするスタイルは、伝統的な当時のSFCGの常套手段でありますから、こうした過払い金なども含め今もなお未解決な問題は多く残っています。 現在ではこの企業が行ったことを反面教師として世間一般的には優良でクリーンな世間的なイメージでビジネスローンと名前を変えお金を貸し付けているところも多いです。 結局はほとんどが基本的な体質はあまり変わっていないと言えるのではないでしょうか。

形は違えど現在でもSFCGのような会社は残っている?

街金や闇金なども同様になくなりません
社会的な問題を引き起こすようなSFCGのような事件があったとしても、それでも高金利で貸付を行い取れる者のすべてを回収するような企業はなくなりません。 商工ローンからそれでも借りる法人や個人事業主がいるからです。 現在の日本の景気の不安定さに加え、これは消費税のアップやTPPの加入などがあります。 これからも様々な問題があります。 さらに銀行の貸し渋りもあり、中小企業にとっての問題は山ほどありますが、現状でそれを解決する術がない事も事実です。 SFCGが様々な法律の合間を縫って利益を上げていたように、法律が改正されればその隙間を縫って悪事を行う会社はここでも必ず現れるのです。 もちろん資金繰りで困っている時に甘い言葉や、誘い文句をかけてくる所は現在でも多く存在します。 これは一度利用してしまえば、やはり負のスパイラルに巻き込まれてしまう場合がほ結果を見てもとんどです。


このページの先頭へ